インプラント

失った歯を美しく治したい方 入れ歯でお悩みの方

自然な美しい歯で、おいしくたべてみませんか。健康と美容のためにもインプラント治療を考えてみましょう。

インプラント治療とは、『入れ歯』『ブリッジ』に代わる治療法として開発された、新しい治療法です。
歯が抜けたとき、失った歯の代わりに、自然の歯に近い人工の歯根を入れることをいいます。これにより、自然に近くより美しい歯を取り戻し、しっかりとなんでも噛めるようになり美味しく食べられるようになります。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリットデメリット(留意点)
  • 簡単な手術を1回で、自分の歯を取り戻したような感覚で違和感なく日常生活を送れるようになる
  • 違和感・異物感がない
  • 自然な歯並びで口元が美しくなる
  • 固い食べ物や粘り気のある食べ物など関係なく食事を楽しめる
  • 自分の歯に近い感覚で、ものがよく噛める
  • 審美的に良好で、自然にお話できるようになる
  • 噛む機能が回復でき、笑顔が増える
  • ブリッジのように健康な歯を削ることなく治療できる
  • 入れ歯のように留め金を必要としないために、口の中がスッキリする
  • 治療から、通常で1~2か月程度で噛めるようになる(※症例によっては異なります)
  • 健康保険の対象外 (医療費控除の対象にはなります)
  • 歯を抜くのと同程度の手術が必要
  • 体質や疾病(重度の糖尿病など)によっては治療できない場合がある
  • インプラントは顎骨に埋めるため細菌感染には十分な注意が必要
  • 正しいブラッシング習慣と定期検診を受けてはじめて長く維持することができる

治療の流れ

flow1検査・術前計画

まず、口腔内模型やX線写真・歯科用CTで十分な審査を行い、治療の計画について十分な説明を受けます。,br>患者さんが十分納得されたうえで治療を開始します。

flow2インプラント植立の手術

歯が失われているところへインプラント体を植立させます。
顎の骨にしっかりと固定されるまで1~2か月待ちます。

flow3植立直後の消毒

手術の翌日、消毒を行います。
(その後は、2週間おきのペースで消毒と確認を行います)

flow4最終的な人工歯をかぶせるための型どり

インプラント体が骨に安定した状態になったら、噛み合わせ等の調整をしたうえで、上部構造(かぶせもの)のための型どりをします。

flow5人工歯のとりつけ

最終的な上部構造(かぶせもの)がセットされます。

flow6メインテナンス

インプラント治療後は、アフターケアとして正しいハミガキを行うとともに、3か月に一度は定期健診やクリーニングが必要不可欠です。

インプラントの費用

審査費用保険適応口腔全体の審査
CT撮影¥17,000~(税別)※必要に応じて
提携病院に支払い
手術費用¥200,000(税別)インプラント体込み
インプラント上部構造(かぶせもの)
18金ゴールドクラウン1本¥50,000(税別)
ハイブリッドクラウン¥70,000(税別)
メタルボンド(セラミック)¥100,000(税別)